Close

女性を落とす技術より簡単!?依存させる技術とは?

中田です。

先日、とある恋愛心理学の本を読みました。
内容はそれほど参考になりませんでしたが、そこに書かれていた“女性を依存させるテーマ”について真剣に考えてみたので、その情報をシェアしたいと思います。

落とす技術vs依存させる技術

そもそも、この2つって違うんだろうか?
結論から先に言ってしまうと、私は違うと思っています。

女性を落とすって、どういうことでしょうか?

ちょっと真剣に考えてみてほしいと思います。

・好きな女性をホレさせること?
・好きな女性と付き合うこと?
・好きな女性とエッチができること?

人によって色々な解釈があると思いますが、シンプルに言ってしまえば、

『好きな女性の恋愛エリアに自分が入ること』

だと私は思っています。

※恋愛エリアとは?
「その女性が、この人とだったら恋愛してもいいかな」と思える領域みたいなイメージ。

その女性の恋愛エリアに入ってしまえば、女性からホレさせることも、付き合うことも、エッチすることも、決して難しくはないと思います。

ですから、少し話が反れますが、多くの恋愛テクニックっていうのは、

・好きな女性の恋愛エリアに入るための技術
・好きな女性の恋愛エリアの中で勝ち抜く技術

大きく分けるとこの2つに分類できます。
この2つの技術を磨くことで、好きな女性を落としていくってイメージです。

一方、女性を依存させるって、どういうことでしょうか?

ここも少し真剣に考えてみてください。

・好きな女性が、あなたにベッタリになる?
・好きな女性が、あなたなしでは生きられなくなる?
・好きな女性が、あなたの言いなりになる?

なんだかどれもソレっぽいけど、なんか違う感じがしますよね。
ネットで『依存』と調べてみたら、『他のものによりかかり、それによって成り立つこと』という意味だそうです。

つまり、好きな女性があなたに寄り掛かる状態にする(何かをゆだねる状態にする)
コレが言葉の意味としての正解です。

では、一体“何をゆだねる”のか?

ここも色々な解釈があると思いますが、ここでの正解は“判断”とさせてください。

『好きな女性があなたに判断をゆだねる状態にする』

これが依存の正体だと私は思っています。

では、女性を依存させる技術とは?

あなたがするのは、たった1つの行動です。

『女性の代わりに、判断に対して決断してあげる』

コレだけです。

当たり前ですが、人が何かを判断するとき、そこには大きなストレスが掛かります。

例えば不安。
本当にこの判断で大丈夫なのかと、あなたも不安を感じたことはありませんか?

例えば恐怖。
AとBで、どちらかを切り捨てなければいけないとき、そして切り捨てた方が二度と戻ってこないと知ったとき、あなたは怖くなりませんか?

例えばプレッシャー。
自分の決断ですべてが決まってしまうような責任のある場面で、あなたはプレッシャーを感じませんか?

逆に、これらがすべて他の人に任せられるとしたら?
あなたはスゴく楽だと思いませんか?

そうです。逆にあなたがコレをやってあげればいいのです。

もともと人には他人に依存しやすい傾向があります。

これは恋愛にも当てはまります。
あなたは女性のこんなセリフを聞いたことがありませんか?

・「一緒にいて楽しい人が好き」
・「一緒にいて居心地がいい人が好き」
・「男らしい人が好き」
・「尊敬できる人が好き」

などなど。
おそらく多くの男性が、それらと似たようなセリフを聞いたことがあると思います。

これこそ、まさに依存だとは思いませんか?

例えば、ストレスのかかる決断は全てあなたがしているとしましょう。

ストレスがないから一緒にいると楽だし、居心地もいいし、楽しい気持ちになりやすい。
全てあなたが決断してくれるから、その女性から見たあなたは男らしいし、尊敬できる。

これって、まさに女性の恋愛対象になるための技術だと思いませんか?

最後に

最後に誤解がないようにお伝えしておきます。
今回のテーマでは『女性を落とす技術』と『女性を依存させる技術』について書きましたが、この2つの技術には上も下もありません。

『女性を落とす技術』が、プロセスを踏んで一歩一歩着実に進んでいくテクニックだとしたら、『女性を依存させる技術』は、本来その女性が持つべき責任やストレスをあなたが引き受ける代わりに、すぐに試せるテクニックという感じです。

試す試さないはあなたの自由ですが、少しでも参考になれば幸いです。

執筆者: モテLogi事務局

モテや恋愛を科学する謎の恋愛集団「モテLogi」

この記事へのコメント

松村新一
2019年10月22日 20:55

参考になりましたが大変むつかしい事ですま

返信

松村新一 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。